会話をする前に即パックン風俗嬢

会話をする前に即パックン風俗嬢

投稿日:2015年5月20日 カテゴリ:選り抜きの風俗体験談

これはとある人妻風俗を利用した時の話。そこは風俗激戦地で多数のお店が出店している地域なので、どのお店もサービスが加熱していて利用客にとっては嬉しい限り。Hという店のUさんという、34歳の巨乳がポイントの女性を指名しました。ホテルでしばらく待っていると、ドアがノックされUさんが登場。多少写真よりも太ってはいたものの、そこはまあ許容範囲内。彼女は無言で中に入るといきなり私のズボンとパンツをおろして即フェラ開始。店の基本サービスには当然入っているものではないので、女性独自のサービスだと思うのですが、これがまた非常に上手い。ジュルジュルと音をたてて舐め回されるムスコに、思わず腰が砕けそうになってしまい、慌てて「待って待って、イッちゃうから!」と制止。口を離してイタズラっぽい笑顔でこちらを見上げた彼女は、「ふふっ…」と軽く笑うと再度パクッと咥えて今度は射精までノンストップ。口の中にビュービュー出すと、彼女はそれを手に吐き出してから初めて「こんにちは」と挨拶をしてくれました。それで完全に火が付いて、その後は60分で計3回戦。過去最高の女性でした。